診療のご案内診療のご案内

当院では、患者さまの症状をよくお伺いして不安を取り除き、
病気の説明をしっかりと行うことで、安心・信頼できる医療を目指します。
また、みみ・はな・のどをしっかりと診ることで、異常の早期発見に努めます。
そして、病気を繰り返さない、病気にならないよう、予防医学を推進してまいります。

診療科目
耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科・アレルギー科 ※補聴器外来も行っています。

当院が力を入れていること

  • スタッフ一同、家族をお迎えする気持ちで、患者さまと接し、より健康になるお手伝いをします。
  • 患者さま一人ひとりに対して「自分の家族だったら」という視点で、治療・予防を考えます。
  • 当院にできる最高の治療を考え、対応できない時は速やかに大きな病院へ紹介します。
  • つねに向上心を忘れずに勉強し、院内の改革に努めます。
  • 地域の人々の笑顔を守るよう、最大限に努めます。

主な診療内容

ご高齢の方

[補聴器相談]
きちんと検査をして、ご本人に合った補聴器をご提案します。フィッティング(お試し装用)をすることも可能です。
[嚥下障害]
飲み込みがうまくできないときは、のどに腫瘍が隠れている場合もあるので、まずは受診をお勧めします。専用カメラで詳しく診察します。

大人の方へ

中耳炎、外耳炎、花粉症、副鼻腔炎(ちくのう)、風邪、インフルエンザ、難聴、耳鳴り、めまい、くびのはれなどみみ・はな・のどに関する症状でしたら何でもご相談ください。

お子さま

  • ・中耳炎
  • ・急性扁桃炎、咽頭炎
  • ・アレルギー性鼻炎
  • ・溶連菌感染症
  • ・副鼻腔炎(ちくのう)
  • ・アデノウィルス
  • ・アデノイド肥大、扁桃肥大
  • ・インフルエンザなど
  • 子どもネブライザーは、いちご味です。頑張って早く病気を治しましょう。
  • 鼓膜切開では、鼓膜麻酔器(イオン導入)によって切開時の痛みを
    和らげます。
  • インフルエンザは迅速診断キットでその場で判定します。
  • 3才以上の予防接種はご相談ください。

Bスポット治療を始めました

Bスポット治療

Bスポットについて

Bスポットの位置

Bスポットとは鼻とのどの間にある、のどちんこの裏側、子どもの頃にアデノイドがあった場所のことです。
そこに、口の中から器具を用いて塩化亜鉛溶液を塗布する方法がBスポット療法です。
塗った後にしばらく続くヒリヒリ感を我慢して頂ければ、その後は爽快感が訪れ、免疫機能力の向上によって、様々な疾患の改善効果が期待できます。

Bスポットの効能
  • 咽頭炎(のど風邪)、後鼻漏(後鼻漏感)、耳の違和感
  • 副鼻腔炎、鼻づまり
  • 頭が重い感じ、肩こり
  • その他に、アレルギー性鼻炎、掌蹠膿疱症、自律神経失調症、めまい、耳鳴り、アトピー、喘息などに効果があるという報告もあり
Bスポット治療をご希望の方へ
  • この治療は現時点では別途費用のご負担なく、通常の処置治療の範囲内で受けることができます。
  • 1回だけでなく複数回治療を受けて頂くことで効果を発揮します。
  • 薬を塗る際、率直に申し上げて「痛い」です。また、塗った後もしばらくヒリヒリと痛みがありますが、これが効いていることの表れでもあります。

上記をご理解いただいた上で、治療をご希望される場合は、医師に「Bスポット治療も希望します」とお伝えください。

Bスポット療法は渋滞の耳鼻咽喉科が行う治療法の補助的な位置づけです。

子どもたちとの小さなエピソード

  • ご家族で通ってくれている、おしゃべり上手なRちゃん。「大きくなったら病院屋さんの先生になる〜」といつも言ってくれます。「大きくなったら、私もRちゃん先生に診てもらいたいな♪」。
  • 港まつりで偶然に会ったKくん。「花火きれいだったね」と覚えた字でかわいいお手紙をくれました。とてもうれしくて、私の部屋にこっそり飾っています。
  • 何にでも興味津々で博士のようなHくん。溶連菌の検査を覚えてからは「溶連菌検査を今日はやりますか?」と聞いてきます、「7才にしてすごい!」。

ページトップに戻る

STAFFブログ