ドクターズブログドクターズブログ

ブログ記事一覧

 

 

 

1月に入り、インフルエンザの流行が本格化してきました。

 

インフルエンザは、急な発熱、関節痛、のどの痛みなどが主な症状ですが、普通の風邪に

比べて全身症状が強いのが特徴です。

 

当院でも発熱がある方は、鼻から綿棒で鼻水を取り、迅速検査を行っております。

発熱直後はウィルス量が少なく、陰性と出ることもありますが、周囲での流行がある方は

発熱早期や微熱でも陽性と出ることもあります。

 

本年からは一度服用するだけの新しい薬(ゾフルーザ)も出ており、当院でも処方しております。小児のお子さんには、吸入薬(イナビル)または内服(タミフル)、漢方(麻黄湯)

を処方しております。

 

自費にはなりますが、予防薬も処方しております。

(イナビル、タミフルを使用し、詳細は 2018119日のドクターズブログ“インフルエンザの予防投与”をご覧ください。)

ご家族が発症し、看病される保護者の方は処方を希望されることが多いです。

(予防接種とは異なり、インフルエンザの治療薬を予防として使用する方法です。)

 

インフルエンザの予防接種は、接種後2週間から長くても5カ月程度と言われており、接種をしてもかかってしまうこともありますが、軽くすみますので、接種をお勧めしております。

乳幼児、高齢者、基礎疾患のある方、周囲に妊婦さんや乳幼児のみえる方、医療・介護関係者の方は、自身のためもありますが、周囲に拡散しないためにも接種しましょう。

 

例年は3月ごろまで流行しますので、当院でも引き続き当日接種を行っております。

3歳未満の方は小児科診療時間内にお越しください。

3歳以上の方は診療時間内はいつでも接種できます。)

 

一番良いのはかからないことですので、バランスのよい食事、休養、手洗い、うがいで

冬場を乗り切りたいですね。

 

文責:荒木

 

 

関東地方で風疹流行の兆しがあります。

風疹は妊娠中にかかると先天性風疹症候群(先天性心疾患、先天性難聴、白内障など)のお子さんが生まれる確率が高くなります。

特に妊娠初期にかかってしまうと確率はかなり高くなると言われております。

国立感染症研究所のHPに詳細が載っております

 https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/429-crs-intro.html

風疹はワクチンによって防げる病気です。

当院では、風疹の予防接種を推奨しております。

現在MRワクチン(風疹、麻疹ワクチン)を使用しており、成人であれば1回の接種

(年代、過去によっては2回)で麻疹(はしか)と風疹のワクチンの抗体を付けることができます。

沖縄、愛知で麻疹が流行しましたが、交通網が発達した現在は、再度流行する可能性は否めません。

名古屋市の助成により、風疹の抗体価が低い方は無料で接種できます。

風疹の抗体価が不明な方は、自費(3240円)で測定後、接種に行って頂くか、測定せずに直接接種することもできます。

ご出産経験がある方は妊娠中に産婦人科で抗体価を測定しているため、名古屋市の補助を受けられる可能性があります。

お子さんの受診時でも構いませんので、一度母子手帳を確認の上、ご希望がありましたらお尋ね下さい。

また1歳、年長児のお子さんは早めに忘れずに接種しましょう。

こどもと大人のワクチンサイトに詳しく書いてありますのでご確認ください。

https://www.vaccine4all.jp/

 

お子さんの鼻づまり

2018年8月4日

 

 

風邪やアレルギー、副鼻腔炎の時ですが、特に夜に鼻詰まりでお困りの親御さん、お子さん

が多いのではないでしょうか?

 

自宅での鼻吸い、鼻かみなど工夫していただいておりますが、なかなか夜寝付けない、

鼻水がのどにおりてきて咳が出てしまうときなどは、お薬が残っていても、当院では

鼻水を吸って、吸入しております。

夜の鼻詰まりの原因になる場所は、自宅での鼻吸い、鼻かみでなかなか取り切れないことも

多いです。

細いシリコン製の吸引の道具を使って、上咽頭と呼ばれる鼻とのどの間の場所

まで吸っていますので、またお声かけくださいね。

お子さんはとても嫌がりますが、一度スッキリとした感覚を覚えると

我慢して処置してくれることも多いです。

またシリコン製の柔らかいチューブなので、気持ちが悪い感覚がありますが、痛みは見た感じ程はありません。

また乳児、幼児のお子さんは麻黄湯という鼻詰まりに効果のある漢方を併用

することもあります。漢方は飲み始めたら飲めるお子さんも多いので、またお尋ね下さいね。

 

 

 

おたふくかぜというと耳の下がパンパンに腫れて、熱が出て、幼少期に皆がかかる病気と思われる方も多いと思います。

今、日本小児科学会はおたふくかぜの予防のために2回(通常1歳と年長)のワクチン接種を勧めています。

今でも感染しあえばより強い免疫ができると思い、意図的に感染させようとする方がおみえになりますが、それはおすすめできません。

おたふくかぜの合併症として、髄膜炎、精巣炎がよく知られていますが、成長した後に気が付かれる原因不明の難聴は、おたふくかぜにかかったことが原因のこともあります。

日本耳鼻咽喉科学会では、おたふくによる難聴の調査を行い、2015~2016年の2年間に300人以上の発症の調査結果を報告しています。

 

 

今回の調査では、学童のお子さんだけでなく、20代から30代の子育て世代の方の発症も多く、お子さんからの感染と考えられています。

片側だけでなく、両側の難聴になる方、平衡機能障害も一緒に起こる方もみえ、また難聴の程度は治療したにも関わらず、高度な後遺症が残ることも多いです。

おたふくかぜにかかった前後に、めまい、嘔吐、吐き気を伴う場合は、おたふくによる難聴の可能性も考えて、耳の状態について診察を受けましょう。

また片側の難聴では、日常生活に支障がないため、お子さんでは難聴に気が付かれずに経過することもあります。

予防できる病気ですので、水痘同様に積極的な接種を勧めています。

当院では自費で2回目の接種を行っていますので、ご希望の方はお尋ねください。

 

文責 耳鼻咽喉科 荒木

 

前庭神経炎について

2018年8月4日

  

めまいの原因の一つに前庭神経炎があるころはご存知ですか??

 

風邪などをきっかけに(原因不明なこともつづき、その後も場合によってはふらつき続くこともあります)

吐き気、嘔吐も伴い症状も1~3日程度続き、その後も場合によってはふらつくが続くこともあります。

治療は基本的には症状を軽減する対処療法として内服、症状の強い場合には点滴等になります。

脳卒中や張力悪化を伴うメニエール病などと鑑別も必要な病気であります。そのため診断をつけるために聴力検査や眼振検査が必要となります。

 

めまい症状が出現し、言葉が出ない、物が二重に見える、手足が動かないなどの症状がない場合には正確な診断および治療につなげるため、まずは耳鼻咽喉科の受診されることをお勧めいたします。

ページトップに戻る

DoctorsブログSTAFFブログ