ドクターズブログドクターズブログ

カテゴリ「健診・予防接種」のブログ記事

緊急事態宣言も解除され、人との接触の機会が少しずつ増えてきますね。

そこで新型コロナウイルス以外の感染症にも注意が必要になってきます。

今回は、百日咳についてご紹介いたします。

百日咳は、百日咳菌による長引く咳が特徴的な感染症です。百日咳は小中学生世代で多く認められる傾向があります。このような状況のなか、咳が長引く病気は特に予防したいものです。

日本では、百日咳感染症予防として、0歳と1歳のときに合計4回の定期の予防接種を行っています。しかしワクチンをちゃんと接種していても、4~7歳のときには発症予防に必要な免疫力を保っているお子様は40%未満との報告があります(IASR 2017;38:31-33)。

そこで日本小児科学会は、

①就学前(年長児)

②11~12歳 ※11~12歳の2種混合を3種混合に変更

に百日咳含有ワクチン(3種混合ワクチン)の追加接種を推奨しております。いずれも任意接種(自費)になります。

学童期のお子様を百日咳の感染症から守りましょう。また小さな赤ちゃんでは百日咳が重症化しやすいため、家族が移さないようしっかりと予防しましょう。

百日咳含有ワクチンにつきご相談などありましたら、いつでもお声がけください。

安藤

 

 

新型コロナウイルスの脅威により、予防接種や乳児健診についても控えるべきか悩んでいる患者さまもおられることと思います。

日本小児科学会の方針は、予防接種や乳児健診の極端な制限によって予防できる他の重要な病気の危険性にさらされる恐れがあり、いつも以上に配慮したうえで可能な限り予定通り実施すべき、とのことです。

http://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=326

当院の考えとしましても、予防接種で予防できる病気の中には新型コロナ以上に恐ろしい病気もあるため、通常通り接種していくことを推奨しております。現在、予防接種外来(感染症のお子様が受診しない時間帯)の時間を拡充し、感染に可能な限り配慮して予約を受け付けております。ご希望の方はお電話でお問い合わせください。

9・10か月健診も、感染症の患者様の受診がない時間帯(急患は対応する可能性がありますが)をご案内いたします。

 

名古屋市では、1才未満のお子さまは2回無料で市内の医療機関で健診を受けることができます。

 

1回目は生後1か月に出産した病院で受けられる方がほとんどです。

2回目は生後9〜10か月頃にかかりつけの小児科などで皆さま健診を受けておられます。

9〜10か月健診を受け忘れて1歳を過ぎると、2回目の健診が無料で受けられなくなりますのでご注意ください。

 

9〜10か月健診では、身長、体重、頭囲などを測定し、体が順調に大きくなっているのかを確認します。

その他に9〜10か月健診でみていくポイントは、大きな運動に関してはお座りが安定しているのか、ハイハイやつかまり立ちはしているのか、細かい運動に関しては指で小さいものをつまむことができるか、社会性に関しては喃語、人見知りがあるのかなどです。このような発達のスピードはお子さまによってかなり違いがありますので、全部出来ていないからといってすぐに発達に問題がある、ということではありません。少しゆっくりなお子さまに関しては、お家での過ごし方のアドバイスをさせていただいたり、1か月おきに発達の経過を見守ったりしていきます。

 

また、9〜10か月健診では、離乳食や予防接種の進み具合なども確認していきます。他にも育児をしていく上で心配なことなども相談できるよい機会です。

当院で9〜10か月健診をご希望の方は、窓口かお電話でご予約ください。

 

安藤

 

 

 

全国的に風疹、麻疹の流行がみられます。

 

年長になった4月からワクチンが接種できますので、忘れずに早めに接種しましょう。

 

秋からは風邪、インフルエンザの流行や入学準備などで忙しく、打ちそびれてしまう方も

みえます。

 

当院では、MRワクチンは当日接種を行っておりますので、母子手帳を必ず持参して頂き、

お越しください。

 

花粉、黄砂でつらい症状の方も多いですが、皆さまご自愛くださいね。

 

生活習慣予防検診のイラスト(学校の健康診断)

 

院長:荒木幸絵

SCAN0019

SCAN0020

 

現在、首都圏を中心に日本各地で風疹が流行しております。
平成31年4月1日から3年間に限り、現在30代から50代の男性(
昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれ)は、風疹の抗体価検査、予防接種が
無料で受けられます。
風疹は、成人が罹ると後遺症なく、完治することも多いため、ご本人が気付いていないこともあります。
妊娠中の女性が罹ると先天性風疹症候群(心臓、眼、耳などに重篤な合併症)の赤ちゃんが生まれることがあります。
働き盛りでお忙しいと思いますが、予防接種で防げる病気ですので、未来の子供たち、ご家族の皆のために、検査、接種をしましょう。

名古屋市の妊娠を希望する女性、女性のパートナー、同居の方は、名古屋市の助成の対象になりますので、皆さんで防ぎたいですね。

助成が受けられる対象者に関しては、後日、ホームページドクターブログに掲載致します。

 

 

文責:荒木

1 / 212

ページトップに戻る

DoctorsブログSTAFFブログ