ドクターズブログドクターズブログ

2021年6月のブログ記事

気象病

2021年6月11日

最近、耳にする気象病をご存じでしょうか。

 

今年は梅雨入りが早かったこともあり、5月中旬から、めまい、耳鳴り、頭痛、喘息など

気圧の変化に関係がある症状の方が増えております。

 

  • メニエル病などのめまい
  • 低音障害型感音難聴
  • 耳鳴り症の悪化
  • 片頭痛
  • 気管支喘息
  • アレルギー性鼻炎の悪化

 

などでお困りの方が増えてきております。

まだ研究段階ではありますが、内耳が気圧の変化を感知し、脳にセンサーを送るという説があります。普段から乗り物酔いをしやすかったり、自律神経が乱れやすい方は、症状が出やすいといわれています。

私も頭痛持ちなのですが、体調は本当に正直で、なんだか頭が痛いと思って外を見ると雨が降ったりと天気予報のように正確です。

さて対処方法は、ぞれぞれの病気の治療法に準ずるのですが、梅雨時は体の水分バランスが

崩れ、自律神経が乱れやすいので、水を引く作用のある五苓散などの漢方を使用することもあります。

夏バテには、清暑益気湯という漢方で体調不良を補っても良いでしょう。

湿気が多いと気温がそれほど高くなくても、熱中症になる可能性がありますので、

塩分、水分、栄養、休息を適度に取って、これからの時期を乗り越えたいですね。

 

文責:荒木

 

ページトップに戻る

DoctorsブログSTAFFブログ