ドクターズブログドクターズブログ

カテゴリ「花粉症」のブログ記事

当院での花粉症治療

2020年2月12日
 カテゴリー:

花粉症の本格的なシーズンがやってきました。

 

当院では、下記のように花粉症の治療を行っています。

 

詳しい問診、検査(鼻水にアレルギーの細胞が混ざっているか、血液検査で何に反応しているか)、鼻の中のチェック(副鼻腔炎などがないか)で花粉症(アレルギー性鼻炎)の診断をします。

 

診断のついた方は

眠気やライフスタイルに応じてお薬の選択をします。

眠気が出たくない、多少の眠気が出てもしっかりと効きたい、飲み薬ではなく貼り薬を使いたいなどです。

 

1種類で効かない方、前年に数種類を組み合わせている方は、症状に合わせて

抗ロイコトリエン薬という鼻閉、気管支喘息に効果がある薬を組み合わせます。

 

また病院で処方の点鼻薬をきちんと使用すれば、現在の点鼻薬は内服1剤程度の効果がでます。(注:市販の血管収縮薬が入った点鼻薬は使いすぎると鼻閉がよりひどくなるので

注意が必要です。)

眼の症状がある方には、点眼薬も同時に処方します。

(ただしステロイドの点眼薬は副作用の点から処方しておりません。)

 

しっかり診断をつけて、症状に応じて、薬を重ねてゆけば、かなりしっかりと花粉を抑えられる時代になりました。

 

また当院では、治す治療をご希望の方は6月からの“舌下免疫療法”(スギ、ダニ)をお勧めしております。

 

是非、上記のように治療して、快適に花粉の時期を乗り越えましょう!!

 

原始的ですが、鼻うがい、マスク、ヨーグルトや根菜類を食べるなども同時にしてくださいね。

 

ソース画像を表示

 

文責:院長 荒木幸絵(耳鼻咽喉科)

 

 

 

ご存じですか?花粉症初期療法

2020年1月22日
 カテゴリー:

1月中旬になりました。

敏感な方は鼻がむず痒くなったり、眼がしょぼしょぼしたりしてきませんか?

 

ひどいアレルギー性鼻炎の私は、すでにしっかりと薬を使い始めております。

 

さて毎年ですが、何となく症状が出ても、忙しかったり、我慢したり、市販薬を使用したりと頑張っているうちに3月中旬のピーク時に症状が重症になってしまう方も多くみえます。

 

アレルギー性鼻炎(花粉症)の治療ですが

本格飛散(今年の東海地方は2月20日頃)の1週間から数日前、または少しでも症状が

出始めた時から、1種類の薬を使用し始め、症状に応じて追加してゆくと

症状をしっかり抑えて、花粉症の時期を通常期に近い状態で乗り越えることができます。

 

当院では初期療法(症状が出る前から治療)として、アレルギーの内服、点鼻薬、点眼薬を処方しております。

2月中旬の本格飛散以降は混みあいますので、症状をお伺いして、上記のお薬を処方し、

飲むタイミング、症状をお話しております。

 

ここ数年で新薬が発売され、眠気が出にくい内服薬、しっかりと効果のでる内服薬、1日1回貼りかえるだけの貼り薬などライフスタイルに応じて適切にお薬を使用すれば、かなりの確率でコントロールが可能になってきました。

 

もちろん花粉を避けて頂くことも大切なので、マスク、眼鏡を使用したり、洗濯物、布団の外干しを避けたり、帰宅時にはコートを払ったり、うがいをしたりといろいろと同時に行って頂くと効果的だと思います。

 

何かありましたらいつでもお気軽にご相談くださいね。

 

                     文責:院長 荒木幸絵(耳鼻咽喉科)

初夏から始まるイネ科花粉症

2019年5月28日
 カテゴリー:

もう花粉症が終わったはずなのに、症状が続いている方がおみえになりませんか?

 

イネ科花粉は3月下旬から11月初旬にかけて、長期に渡って飛散する特徴があります。

特に、初夏や秋頃に症状が悪化しやすく、“スギ・ヒノキ花粉症の時期は過ぎたはずなのに

まだ症状が続いている…“という方は、イネ科花粉症かもしれません。

 

血液検査でも、スギ・ヒノキの抗体が上昇している方が多いですが、イネ科も測定すると

中にはイネ科が一番上昇している方もみえます。

 

いつまで症状が続くのか、いつ頃治療すればよいのか、いつ薬を止めてもいいのかなどの見立てもできますので、当院では検査して、必要な時期に必要な量の治療をすることをお勧めしています。

 

これから暑くなりますが、水分、休養を取って、熱中症に備えましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 荒木

花粉症の初期療法

2019年2月2日
 カテゴリー:

花粉症初期療法

 

そろそろスギ花粉の飛散の時期が近付いてきました。

当院では、初期療法として、花粉症の薬を処方しております。

 

 

 

ここ数年に新しい内服薬、貼り薬が登場し、花粉症の内服薬も進化しております。

 

また花粉症のピークは3月上旬からですが、2月から治療を開始することにより

アレルギー反応が活発になるのを抑えることができます。

メリット

  1. 症状の出始めが遅くなる
  2. シーズン中の症状が軽減される
  3. 薬(内服薬・点鼻薬)の使用量、使用頻度を減る

 

 

 

 

またシーズン後には、上記のようなアレルギーを抑える治療ではなく、治す治療である舌下免疫療法も薦めております。 詳しくは鳥居さんのアレルゲン免疫療法ナビを参照ください( https://www.torii-alg.jp/ )

当院でも、スギ、ダニの2種類とも多数の方に行って頂いております。

まだまだインフルエンザも流行しておりますので、皆さまご自愛くださいね。文責:荒木  

 

 

 

舌下免疫療法

2017年9月15日
 カテゴリー:

毎年毎年スギ花粉症に悩まされている方、本当につらいですよね。

 

最近は、薬局でアレグラ、アレジオン、クラリチンなどの病院と同じお薬が購入でき、花粉症で混みあっているクリニックに行かなくても済んでいる方もみえると思います。

当院でも患者様のライフスタイルや体質に合ったお薬や漢方の治療、生活指導などを

行っておりましたが、2014年から新しい治療が始まりましたので、お知らせしたいと思います。当院でもスギの舌下免疫療法を多数の方が行ってみえます。

 

お勧めしたい方

1、12歳以上65歳未満

2、症状が重く、飲み薬や点鼻薬を正しく処方しても症状が軽くならない方

3、部活や受験などでお薬を減らしたい方

4、将来の妊娠、授乳でお薬を減らしたい方

 

舌下免疫療法については

詳しくは鳥居薬品さんのホームページに記載されております。

 

スギの花粉のエキスを3年から5年続けて服用しますので、根気のいる治療ですが、今度長い間のことを考えると是非行って頂きたいと考えています。

持病によっては適応にならない方もみえますので、詳しくはお尋ねください。

 

つらい時期が少しでも楽になるとよいですね。ご興味がある方はお尋ねくださいね。

http://www.torii-alg.jp/

荒木

ページトップに戻る

DoctorsブログSTAFFブログ