ドクターズブログドクターズブログ

もう花粉症が終わったはずなのに、症状が続いている方がおみえになりませんか?

 

イネ科花粉は3月下旬から11月初旬にかけて、長期に渡って飛散する特徴があります。

特に、初夏や秋頃に症状が悪化しやすく、“スギ・ヒノキ花粉症の時期は過ぎたはずなのに

まだ症状が続いている…“という方は、イネ科花粉症かもしれません。

 

血液検査でも、スギ・ヒノキの抗体が上昇している方が多いですが、イネ科も測定すると

中にはイネ科が一番上昇している方もみえます。

 

いつまで症状が続くのか、いつ頃治療すればよいのか、いつ薬を止めてもいいのかなどの見立てもできますので、当院では検査して、必要な時期に必要な量の治療をすることをお勧めしています。

 

これから暑くなりますが、水分、休養を取って、熱中症に備えましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 荒木

ページトップに戻る

DoctorsブログSTAFFブログ