ドクターズブログドクターズブログ

先天性風しん症候群

2018年1月22日

これから赤ちゃんを授かるママとパパへ

〜先天性風しん症候群をご存知ですか?〜

 

風しんとは、風しんウイルスに感染して、発熱やリンパ節の腫れ、発疹が出る病気です。

妊婦さんが妊娠の初めに風しんにかかると、かなり高い確率で 赤ちゃんが先天性風しん症候群という病気になります。

先天性風しん症候群の赤ちゃんには生まれつきの心臓の病気、 難聴、白内障、精神発達の遅れなど、様々な症状がみられます。

赤ちゃんやご自身を風しんから守るため、女性はもちろん、男性も予防接種が必要です。というのも、職場などで風しんが流行して男性が風しんにかかると、夫から自宅にいる妻に、あるいは職場の妊婦に感染させてしまうことになるからです。

先天性風しん症候群を予防するために麻しん・風しん混合ワクチンを無料で受けられる方がいます。無料で受けられる期間は平成29年4月から平成30年3月末までです。

無料で受けられるのは、名古屋市に住民票がある方で、

◯妊娠を希望する女性

◯妊娠を希望する女性のパートナー

◯妊娠中の女性のパートナー

※無料で予防接種を受けられるのは事前に抗体検査で風しんに対する免疫力が不十分と確認された方です。風しん抗体検査の費用は自己負担で、当院では風しん抗体検査には3000円かかります。前回の妊娠中に風しん抗体価が低いと言われており、その検査結果をお持ちであれば当院での抗体検査は不要です。

風しん抗体検査や風しんワクチン接種ご希望の方は、ぜひ一度ご相談ください。

安藤

ページトップに戻る

DoctorsブログSTAFFブログ